長野県伊那市を拠点に旅館ホテル改修設計をしています一級建築士事務所です。


by ATELIER15R
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Y旅館様客室改修工事 現場監理

先日、現場にてお施主様と仕上げ関係の打合せを行いました。
現場は、遮音壁、半露天風呂の防水工事が完了し、
急ピッチで木工事が進んでいます。
木部塗装、家具面材、他いろいろ打合せ致しました。
c0212762_189338.jpg
↑客室間の遮音壁が設置されました。遮音効果はコンクリート壁同等です。c0212762_1894193.jpg
c0212762_1894944.jpg
c0212762_1895695.jpg

+++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
# by ATELIER15R | 2016-07-10 18:13 | 上林温泉 湯宿せきや 第2期
『玄関のイメージを変える』

旅館ホテルにとって玄関は『顔』です。
お客さんの第一印象はここで決まります。
期待して来たお客さんにがっかりさせたくありません。
対費用効果の高い改修部分です。

c0212762_23411054.jpg
↑既存

c0212762_23411992.jpg
c0212762_23412794.jpg
↑改修後/ライトアップ

+++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
# by ATELIER15R | 2016-04-24 23:46 | 旅館ホテル改修のポイント
『既存を活かす』

工事費を抑え、質を高める既存を活かした改修事例です。
客室間の壁を取り払い片方を和室からベッドルームに改修しました。
年配のお客さんにも喜ばれています。
c0212762_837476.jpg
既存
c0212762_8375757.jpg
改修後
+++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
# by ATELIER15R | 2016-04-13 08:39 | 旅館ホテル改修のポイント
『仕上材は本物を使う』

お客様が手に触れられるところの仕上材は
本物を使うのが理想です。

人工材と自然材では質感や見た目が違います。
また、経年変化による違いも出てきます。

できる限り本物を使うのが理想です。
c0212762_13514390.jpg
c0212762_13412794.jpg
+++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
# by ATELIER15R | 2016-04-03 13:43 | 旅館ホテル改修のポイント
質の良い家具にする

旅館の雰囲気づくりは
椅子、テーブル、ベッド、デスクなど
家具の占める割合が非常に大きいです。
その家具に求められるものは
センスと清潔感、そして質です。
c0212762_23185526.jpg

c0212762_23191031.jpg

+++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
# by ATELIER15R | 2016-03-27 23:21 | ローコストで理想の旅館に改修
建具のデザインを変える

建具のデザインを変えることも
雰囲気を大きく変える手段のひとつです。

建具のデザインには、飽きのこないスタンダードなものから
非日常を感じさせるものまで様々です。

その部屋にあったデザインの選定が大切です。
c0212762_17324535.jpg

c0212762_17333085.jpg

c0212762_1737118.jpg
++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
# by ATELIER15R | 2016-02-21 17:37 | ローコストで理想の旅館に改修
木部の塗装の色を変える

客室や食事処などの雰囲気を大幅に変えるには、
木部の塗装色を変えるのもひとつの方法です。

その場合、塗装のツヤの割合の決め方や
塗装の種類の選定により印象が大きく変わってしまいます。

食事処改修事例
c0212762_10441390.jpg
既存
c0212762_1044216.jpg
改修後
+++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
# by ATELIER15R | 2016-02-10 10:46 | ローコストで理想の旅館に改修