長野県伊那市を拠点に旅館ホテル改修設計をしています一級建築士事務所です。


by ATELIER15R
カレンダー

<   2011年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

c0212762_15512255.jpg

~旅館改修設計 『調光付照明器具は雰囲気作りに活躍』~ 

照明器具の照度調整ができる調光付照明器具。

その目的に合せて明りの強さが調整できます。

また、数種類の照明器具の明りをまとめて

タイプ別に記憶できるタイプもあり、

明りで雰囲気を楽しむ目的で楽しめます。

*****************************
[PR]
by atelier15r | 2011-06-28 15:52 | 旅館ホテル改修のポイント
c0212762_1904178.jpg

~旅館改修設計 『イメージスケッチ』~ 

改修後のイメージはスケッチなどで表現します。

改修工事は現場がそこにありますが、

完成後のイメージはつきにくいものです。

イメージスケッチは実際の色と異なりますが、

おおまかなイメージをつかむのに役立ちます。

++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by atelier15r | 2011-06-27 19:01 | 旅館ホテル改修のポイント
~現場打合せ 木工事~

先日、F旅館様改修工事の現場監理に行って来ました。
c0212762_19554812.jpg

客室の間仕切壁が組み上がると、部屋の構成が見えてきます。
c0212762_1956111.jpg

お施主様、現場の方と打合せを行いました。
c0212762_19562795.jpg
既存フロントのアクセントの曲木を玄関正面に。

既存有効利用した既存改修です。

***********************************
[PR]
by atelier15r | 2011-06-25 19:59 | 上林温泉 湯宿せきや
c0212762_18183749.jpg


~旅館改修設計 『スタンド照明は実物を見て選ぶ』~
 

照明器具の中でも、スタンド照明(床や棚上に置く照明)は

雑貨や家具、インテリアショップでお気に入りのものを

買われた方が失敗がありません。

メーカーのカタログから選ぶこともできますが、

カタログ写真と実物では質感やイメージと異なる場合が多く、

実際に見て買われるのが理想と感じています。

その旅館の館主の個性がでるアイテムのひとつです。

++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by atelier15r | 2011-06-22 18:19 | 旅館ホテル改修のポイント
~現場打合せ 木工事~

F旅館様改修工事の現場監理に行って来ました。

c0212762_21215881.jpg
客室造作下地材の工事がすすんでいます。c0212762_2122755.jpg
浴室のコンクリートブロック立上り。c0212762_21221478.jpg
厨房も広くなります。

お施主様と仕上材など打合せを行いました。

***********************************
[PR]
by atelier15r | 2011-06-17 21:34 | 上林温泉 湯宿せきや
c0212762_20105541.jpg

~旅館改修設計 『日本を感じる仕上げ素材を使う』~

『旅館』は日本の文化です。

外国のお客さんにとって『旅館』は

日本を感じることのできる場のひとつです。

客室が完全に洋風に造られていれば

ホテルと変わりなく興醒めしてしまいます。

日本独自の『旅館』を感じてもらうには、

日本らしさが必要です。

客室の仕上げ材に例えば、竹材や畳、障子など

日本らしさ、日本の良さを感じられるものが

欲しいところです。

特に畳は喜ばれるものの上位です。

******************************
[PR]
by atelier15r | 2011-06-15 20:11 | 旅館ホテル改修のポイント
c0212762_18324812.jpg

~旅館改修設計『既存を出来る限り活用する』~

今ある建物を利用する既存改修。

既存改修する最大の目的は、

改修コストを抑えて旅館の質を上げて行くことにあります。

少しずつ改修を重ねて理想の宿にしていくのも

お客さんにとっても変化があり、喜ばれるのではないでしょうか。

コストを抑える最大のポイントは、

いまある既存部分をいかに改修して質を高めるかにあります。

雰囲気というものは、建物の他、家具や照明、色使いにより変ります。

建物プラス建物以外でカバーできることが多々あります。

改修はさまざまなものの組み合わせによってよりよい旅館になります。

***************************
[PR]
by atelier15r | 2011-06-14 18:34 | 旅館ホテル改修のポイント
c0212762_18464445.jpg

~旅館改修設計 『解体してみてわかること』~

既存改修工事は解体してみてはじめてわかることが、

多々あります。

設計するに当たり出来る限り既存調査をしますが、

特に仕上げ材に隠れてしまっているものや、

天井裏を除けない造りになっていたり、

既存設計図に記載されている内容と違うこともあります。

そのため、既存改修は臨機応変に指示が必要になります。

新築に比べ手間はかかりますが、

新築では味わえない改修の醍醐味があります。

**************************
[PR]
by atelier15r | 2011-06-13 18:47 | 旅館ホテル改修のポイント
~現場打合せ 木工事~

F旅館様改修工事の現場監理に昨日行って来ました。

バーカウンターが設置されました。

c0212762_957327.jpg

重厚感のある無垢板はやはりいいですね。

客室間の既存コンクリートブロック壁に遮音パネルを取り付けます。

c0212762_95847.jpg

遮音パネルはボードに遮音材が取り付けられています。

天井裏の間仕切り壁も張り上げます。

お施主様と照明器具取付け位置他いろいろ打合せを致しました。

*********************************
[PR]
by atelier15r | 2011-06-11 10:06 | 上林温泉 湯宿せきや
c0212762_186227.jpg

~旅館改修設計 『和室の床の間について』~

テレビを置くスペースがないために

和室の床の間に置かれている旅館さんが多々あります。

床の間は和室にとって大切な空間です。

もうじき見れるテレビはすべて薄型になります。

この機に床の間から移されることをお薦めします。

床の間は、掛け軸や生花、小物程度を置く程度にしましょう。

床の間のある方が上座です。

++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by atelier15r | 2011-06-08 18:06