長野県伊那市を拠点に旅館ホテル改修設計をしています一級建築士事務所です。


by ATELIER15R
カレンダー

<   2010年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

c0212762_1832481.jpg

~ 旅館改修設計 客室内のサービスについて01 ~

今回は旅館の客室内でうれしくおもったことを挙げてみます。

1、客室に冷水が置いてあったこと。
  ⇒ お酒の後や夜間にうれしいサービス。

2、客室にマッサージ機があった!
  ⇒ お風呂あがりや寝る前にリラックス。得した気分になりますね。

3、客室の冷蔵庫におもてなしのお菓子が用意されていた。
  ⇒ 乾き菓子ではなく生菓子。

4、専用露天風呂があった。
  ⇒ やはり自分専用風呂はたまりません。

5、夜間用に懐中電灯サービス。
  ⇒ 小型で安心。

6、女将さん直筆のおもてなしメッセージ。
  ⇒ 手書きはいいものです。

つづく・・・・。

+++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by atelier15r | 2010-11-30 18:32 | 旅館ホテル改修のポイント
c0212762_15483923.jpg

~ 旅館改修設計 客室浴室のシャンプー類について ~

客室の浴室に常設してあるシャンプーやボディソープ類は、

旅館によってさまざまです。

格安の量産品からこだわりの品まであります。

お客さんの立場からしてみれば、

お客さんが毎日の生活で使っているようなものより、

こだわりの感じられるものなどいかがでしょうか。

例えば、オーガニック系、めずらしい系、高級系など。

お客さんは旅館に置いてあるものを品定めしています。

+++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by atelier15r | 2010-11-27 15:49 | 旅館ホテル改修のポイント
c0212762_17554686.jpg

~ 旅館改修設計 客室のタオル掛けについて ~

客室から大浴場に行く時、バスタオルやタオルを

持っていくスタイルの旅館の場合、

客室に濡れたタオルを干すためのタイル掛けが必要になります。

このタオル掛けがしっかりと用意されていないと、

濡れタオルを椅子の背もたれや、テーブル、棚に干してしまい、

シミとなります。

しっかりとしたタオル掛けを置きましょう。

※旅館によっては、大浴場や露天風呂の脱衣室にあらかじめ

タオル関係が用意されていて、客室に持っていかない

スタイルの旅館もあります。

+++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by atelier15r | 2010-11-26 17:56 | 旅館ホテル改修のポイント
c0212762_1758732.jpg

~ 旅館改修設計 客室のコンセントについて ~

お客さんが客室内で必要とするコンセントを挙げてみます。

1、携帯電話の充電用コンセント
  ⇒ お客さんの人数分コンセントが必要となります。

2、ドライヤー使用のコンセント
  ⇒ ドライヤーを持参される方もいらっしゃいます。

3、デジタルカメラ充電用のコンセント
  ⇒ ほとんどの方が持っています。

4、ビデオカメラ充電用のコンセント
  ⇒ デジカメの次はこれでしょうか。

5、ノートパソコン用のコンセント
  ⇒ 持参される方が増えています。

6、音楽用プレーヤー充電用コンセント
  ⇒ 若い世代の方は必要かも。

この他、旅館側が必要とするコンセントをプラスすると、

結構の数のコンセントが必要です。

コンセントは少ないより多めにあった方が助かりますよね。

++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by atelier15r | 2010-11-25 17:58 | 旅館ホテル改修のポイント
c0212762_1717824.jpg

~ 旅館改修設計 フロントカウンターについて ~

フロントのカウンターは旅館の顔です。

フロントでは、会計、記帳、電話、PC、鍵の管理など

さまざまな作業が必要となります。

そのため、結構乱雑になりがちです。

フロントカウンターの構成によりスッキリ整理できます。

お客さんから見られてもスッキリしたカウンターは

気持ちのよいものです。

乱雑になると生活感がでてしまうため印象がよくありません。

フロントは整理された気持ちのよい空間にしましょう。

++++++++++++++++++++++++
[PR]
by atelier15r | 2010-11-24 17:17
c0212762_18302336.jpg

~ 旅館改修設計 お土産売り場について ~

お土産を見ることは、お客さんにとって楽しみのひとつです。

管理する旅館側としては、手間のかかるところですが・・・・。

お土産コーナーを設置するにあたり、注意する点を挙げます。

1、常に管理できる位置にあること。
  ⇒ フロントの付近など。

2、夜間に閉鎖できる構成であること。
  ⇒ 手を伸ばしても取られない。

3、わかりやすい位置にあること。
  ⇒ 一目でわかる位置がベスト。

4、会計を考えた構成。
  ⇒ 専用レジを設けるより、できればフロントと兼ねたい。

5、何でも置かない。
  ⇒ こだわりの品や地産品を厳選して置く。

などなどです。

++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by atelier15r | 2010-11-23 18:30 | 旅館ホテル改修のポイント
c0212762_1894116.jpg

~ 旅館改修設計 改修工事の注意点 その24 ~

~ 塗装について その04 ~

自然素材から生まれた自然塗料。

そのひとつにドイツのオスモ社の製品オスモカラーがあります。

色の種類も何種類もあり、無色のものもあります。

赤ちゃんにもやさしい塗料。

環境に力を入れている旅館の売りのひとつにもなります。

やさしい仕上がりです。

++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by atelier15r | 2010-11-22 18:10
c0212762_18111362.jpg

~ 旅館改修設計 改修工事の注意点 その23 ~

~ 塗装について その03 ~

塗装色を決めるとき、業者の方から色見本帳を見せられると思います。

その色見本帳は大抵の場合、数センチ角の小さなものです。

その場で、サンプル作成用の色決めならいいのですが、

実際に塗る色を小さな見本帳で決めるのだけは避けるべきです。

なぜなら、実際選んだ色で塗っているにもかかわらず、

全く違う色に見えるからです。

考えられる原因として

1、どういう環境下で見本帳を確認をしたのか。
  自然光、電球色、蛍光灯などにより色が変わる。

2、塗り面積が大きくなると、目の錯覚で選んだ色より薄い色に感じる。

3、見本帳の隣接する色により影響を受ける。


などが挙げられます。

提示される小さな色見本帳はサンプル作成の色決めと心得てください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by atelier15r | 2010-11-20 18:11 | 旅館ホテル改修のポイント
c0212762_18212839.jpg

~ 館主の目指す旅館像が明確である ~

旅館改修設計の仕事をしてきて感じることがあります。

『館主の目指す旅館像が明確である』旅館は、

うまくいっている旅館が多いということです。

こんな旅館にしたい

あんな旅館にしたい

お客さんに喜んでもらうにはどうすればよいかなど、


常に『夢』を持っている館主さんが経営されている旅館は

うまくいっています。

旅館の将来は館主のビジョンに左右されます。
+++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by atelier15r | 2010-11-19 18:23 | その他
c0212762_161027100.jpg

~ 旅館改修設計 改修工事の注意点 その22 ~

~ 塗装について その02 ~

塗装の仕上げにツヤを付ける付けないがあります。

ツヤでも程度があり、全ツヤ、半ツヤ、~分ツヤなど

仕上がり具合が違います。

多少ツヤがあった方が、品があるような気がします。

++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by atelier15r | 2010-11-18 16:10 | 旅館ホテル改修のポイント